明日の日経平均株価予想 TOP>>2014年の記事>>明日の日経平均株価予想 6月9日


明日の日経平均株価予想

本日の推移と今後の展望

2014年6月9日


明日の日経平均株価や日経平均先物を分析し予想(予測)することで、日経平均に連動する銘柄の動きが予想(予測)できます。 そんな日経平均株価の明日をチャート分析や株価の推移を参考に予想(予測)します。

本日の日経平均先物の動き


日経平均株価 15124.00円 +0.31%
日経225先物(日中) 15130.00円 +0.26%



広  告

 先週末の米国市場はNYダウ・ナスダック共に上昇しました。 注目の雇用統計は、4カ月連続で景気回復の節目とされる20万人増を維持し、順調に回復している事を好感したようです。 NYダウは、寄り付きから強い動きとなりました。 途中、伸び悩む時間帯もありましたが、引け際に再度買いが入り、高値引けの史上最高値更新となりました。 まだまだ上が有りそうですね。

 それを受けて始まった日本市場・日経平均先物は、15200円で寄り付きました。 寄り付き後、15220円までありましたが、買いが続かず、右肩下がりの展開になってしまいました。 何故か日本の時間帯になると、為替が円高方向に動く日が続いています。

 10時頃からは、15150円付近で何とか耐える動きが長く続きます。

 午後は15150円に何とかぶら下がっているようなもみ合いが続きます。 為替の円高方向への動きが止まった訳では無いので、その辺から考えると、しっかりしていると見るべきなのかも知れません。

 引けにかけても15150円の少し下での動きが続き、大引けは15130円の40円高で終了しました。 今日も陰線です。

 日本時間に為替が円高方向に動くと言う事は、日経平均を上げさせたくない何かの力が働いているのでしょうか? 週末にSQが控えている事や、木金には日銀金融政策決定会合もありますので、いろんな思惑が交錯しているのでしょうね。 

明日の日経平均株価予想

 先週末の米国市場はNYダウ・ナスダック共に上昇しました。 NYダウは大陽線が2本続き、ボリンジャーバンドの+2σを上回ってきました。 終わり方も高値引けでしたので、今夜の寄り付きも高いのではないかと予想できます。 しかし、いくつかの逆張り指標が過熱していますので、売りもしっかり出てくる事を考えておく必要もありそうです。 つまり、上昇予想ですが、上値も押さえられる可能性が高いと言う事です。

 一方日経平均株価は、今日も陰線引けとなってしまいました。 今月に入って、しっかり上げてきてはいるものの、高いところでポツポツと黒い雲が浮かんでいるような形です。 最近、空を見上げると、黒い雲がところどころ浮かんでいるのとよく似た風景です。 雨となって落ちてこなければよいのですが・・・?

 陰線の部分を除けば、しっかりした上昇トレンドになっていますので、流れは上だと思いたいところです。

 明日の日経平均株価予想は、上昇予想です。 世界の市場は上を見ていますので、日本株も弱いながらもついて行けると思います。 



広  告

リンク


日経平均株価予想 掲示板
株式勝男書店(トレーダーズショップ提携)
株主優待付き高配当利回り銘柄ランキング
株式低PRE銘柄ランキング
日経平均株価 上げの特異日 下げの特異日
日経平均株価 曜日別勝敗表 2018

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2015年の記事

明日の日経平均株価予想 TOP

テレビドラマ出演者(キャスト)一覧、プロフィール、主題歌、他