明日の日経平均株価予想 TOP>>2012年の記事>>明日の日経平均株価予想 8月28日


明日の日経平均株価予想

本日の推移と今後の展望

2012年8月28日


明日の日経平均株価や日経平均先物を分析し予想(予測)することで、日経平均に連動する銘柄の動きが予想(予測)できます。 そんな日経平均株価の明日をチャート分析や株価の推移を参考に予想(予測)します。

本日の日経平均先物の動き


日経平均株価 9,033.29円 -0.57%
日経225先物(日中) 9,050.00円 -0.33%

 昨日の米国市場はNYダウ安・ナスダック高で終了しました。 NYダウはプラスで推移する時間帯もあったのですが、引け際で売りに押され安値圏で終了しました。

 それを受けて始まった日本市場、日経平均先物は小高い始まりとなるのですが、9時半頃から売り優勢となり、一気にマイナス圏に沈みます。 その後ももみ合いながら右肩下がりの展開が続きました。

 午後も悪い地合いは改善せず、株価はだらだらと下げて行き、2時過ぎにはとうとう9000円の大台を割り込んでしまいました。

 引けにかけては9000円を回復するのですが、マイナス圏からの脱出とは行きません。 大引けは9050円の30円安で、午後からの下げは何とか取り戻しました。 よく戻したほうかも知れませんね。

 今日は為替(対ドル・対ユーロ共)が場中に円高方向に振れた事が株を売る動きにつながりました。 ジャクソンホールでのバーナンキFRB議長の講演がある月末まではこんな感じの相場が続きそうな感じです。

明日の日経平均株価予想

 昨日の米国市場、NYダウ・ナスダックはまちまちでしたが、数日前のNYダウに続きナスダックのMACDも陰転してしまいました。 トレンドを重視するならば、とりあえず売っておこうというタイミングなのかも知れません。 市場はQE3を結構折り込んでいる可能性がありますので、バーナンキFRB議長が講演でQE3に触れなければ株価は下落します。 では、その前に売っておこうと考えるのは自然な行動です。

 一方日経平均株価は調整継続中です。 7月の高値は抜いたのですが、5月に空けた窓を埋めに行くだけの支援材料が無いようです。 空けた窓は必ず埋めることになるのですが、今週は無理かも知れません。 MACDも陰転しましたので、米国同様買いは手仕舞いの動きが出そうです。

 明日の日経平均株価予想は、今日と同じようなところでのもみ合いか、むしろ下落方向を予想します。 米国市場が様子見か下落ならば日本市場も右へならえです。 

リンク


日経平均株価予想 掲示板
株式勝男書店(トレーダーズショップ提携)
株主優待付き高配当利回り銘柄ランキング
日経平均株価 上げの特異日 下げの特異日

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2012年の記事

明日の日経平均株価予想 TOP

橋本マナミ 写真集